何としても10万円を用意したい

どうしても10万円が必要なのですが無色でもキャッシングなどで借入することか可能なのか知りたいです。親にはバレずに10万円を工面する方法などの情報もまとめているので参考にしてくださいね。

10万円は消費者金融で今すぐ借りる

100*100

即日融資も可能で30日間の無利息キャッシングも可能。※無利息キャッシングはメールアドレスとWeb明細利用の登録が必要。

アコムも即日融資が可能で大手の三菱FUJフィナンシャルグループなので安心感もあります。自動契約機のむじんくんで即日融資。

無職でも色々な種類がある

10万円を借りたいと考えた時に、今現在無職ならば金融業者へ申し込みしても全てが断られるわけでは無いという点に注意が必要です。

 

金融業者にとっては、返済見込みがある人に対して融資を行うことは、何ら制限を設ける必要が無いので無職の人に対しても法律上の制限が無い場合に限り積極的な融資を行います。

 

申し込み可能な金融商品と無職となっている理由の組み合わせにより、融資可能なパターンがあると知っておくと良いです。

 

具体的には次のような無職のパターンが挙げられます。

・専業主婦なら世帯収入を基にした銀行カードローンを利用する
・年金受給者は年金担保融資を申し込む
・大学生なら学生ローンという選択肢がある
・失業中ならば先に就職先を見つけよう

銀行カードローンと消費者金融

銀行カードローンと消費者金融は、無担保型のカードローンを提供しているという点では共通していますが、そもそも金融業務を行う際の適用法律が異なります。

 

銀行カードローンは銀行法に基づく融資を行い、消費者金融は貸金業法に基づく貸付を行うわけです。

 

専業主婦が消費者金融からの借入審査に通らない理由は、貸金業法に定められた総量規制により本人の年収に対して1/3以内の貸付しか出来ないことが理由となります。

 

総量規制は貸金業法に基づき融資を行うノンバンクのみが適用対象となるので、銀行法に基づく融資審査を行う銀行には無関係です。

 

このため、専業主婦ならば最初から配偶者の収入を含めた世帯収入額で審査を行ってくれる銀行カードローンへ申し込みすれば良いわけです。

 

専業主婦は無職ですから本人に収入が無いためにたとえ10万円という金額を借りたいと思っても、貸金業法に基づく融資を行う消費者金融からは借入が出来ません。

 

銀行カードローンならば、配偶者の与信状況次第で融資を受けられる点が異なります。

学生が借りるなら学生ローン

まだ就職をしていない無職の学生が10万円を借りたいと考えた時には、アルバイトをしていて20歳以上ならば消費者金融が利用出来ますが、20歳未満やアルバイトをしていなければ借入出来ません。

 

なぜなら、親権者の同意なしに金銭消費貸借契約が行えるのは満20歳以上であって、消費者金融は更に本人に収入が無ければ貸付自体が法律上禁止されているからです。

 

そこで、例外的な方法として学生ローンの存在が挙げられます。

 

学生ローンは、専用キャッシングカードを発行せずに証書貸付と呼ばれる方法で希望借入額を審査の上で一括融資を行います。

 

以後は完済までの期間、分割払いによる返済のみが行われて完済後に改めて審査を行い再契約することにより、再度融資を受けられる仕組みです。

 

いつでも好きなタイミングで借入が出来るカードローンとは異なり、借入の都度契約書面の締結が必要になることは、未成年者が法律行為を行うためには親権者同意書が必要になるだけでなく、本人に収入が無ければ連帯保証人が必要になるからです。

 

証書貸付ならば、1通の書面に融資条件と連帯保証人による署名捺印があるので、手間が掛かるけれども何とか借入自体は出来ます。

おすすめ消費者金融

最短1時間

プロミスの特徴
10万円を借りるなら即日融資も可能なプロミスがおすすめ。Webから簡単に申込ができて、指定した銀行へ振込融資も可能です。専用の自動契約機へ行けるのならその場でカード発行とキャッシングも可能ですよ。
金利
4.5%~17.8%
限度額
最大500万円
評価
評価5

アコムの特徴
アコムも10万円をキャッシングする時に便利なカードローンです。土日でも申込みが可能な自動契約機や初めて利用する場合は30日間の無利息期間があるのでお得に借りることができますね。
金利
3.0%~18.0%
限度額
最大800万円
評価
評価4.5

レイクALSAの特徴
10万円を短期間で借入したいならレイクALSAはおすすめです。無利息プランが2種類あるので返済期間に応じて選べるのも便利ですよね。無色では利用できませんのでアルバイトやパートをしておきましょう。
金利
4.5%~18.0%
限度額
最大500万円
評価
評価4.5
ページの先頭へ戻る